避雷針とは

避雷針工事によって設置される避雷針は、雷を避けるための設備ではなく、落雷による雷撃を安全に大地に誘導することで、人間だけでなく、電気設備を保護するための設備です。避雷針工事では、避雷針関連の落雷対策システムの導入だけでなく、避雷針の修理、移設、撤去といった広範囲において実施されています。特に、最近の異常気象によって、経年劣化が激しくなりますと、避雷施設としての機能を保持するための避雷針工事は、非常に重要な位置づけにあります。落雷を受け止める受雷部、雷電流を安全に伝達させるための電線、及びアースといった設備を避雷針工事を適正に設置することで、仮に建物に落雷が発生したとしても、建物内部にいる人や、電気施設の安全が保護されることになります。

避雷針工事によって、避雷施設を設置することで、快適な暮らしが保証されることになります。たとえば、落雷による電気施設の保護や、人体の安全といったことを挙げることができます。雷撃を安全に大地誘導することで、落雷から建物内部を守ることになります。ただ、避雷設備は、建築基準法に準拠する必要があるため、避雷針工事は、専門業者に依頼した方が良いと言われています。避雷施設は、建築基準法によりますと、高さ20メートルを超える部分を保護することになっていますので、煙突や、広告塔といった工作物も法律に準拠しなければなりません。ただ、20メートルを超えないものにつきましても、周囲に高い建物がない場合は、10メートル程度の低い建物でも落雷することがありますので、注意を要する必要があります。このように安全・安心した暮らしを確保するため、避雷針工事の重要性が認識されつつあり、避雷針設置の依頼件数が増加している状況にあります。