避雷針とは

避雷針は、落雷による雷撃を地面に尤度するという設備です。それによって、人間や電気設備をひごすることができます。工事を行なう際には様々ん点に注意しなければいけないので把握しておきましょう。

シャッターを電動化

車を車庫から出す際に、シャッターを開け閉めします。毎日のことだと負担が大きくなってしまいます。高齢化社会に対応するためにも、シャッターの電動化を進めましょう。改築する際などがチャンスです。

避雷針を設置する

雷から人や建物を守る雷保護システムの一つである避雷針を設置することで暮らしの安全性が向上します。避雷針を設置する際には電気工事会社に依頼しましょう。しっかり説明を受けて納得できる業者に工事してもらいましょう。

地盤を調べる

木造住宅の場合一般的に利用されている地盤調査がスウェーデン式サウンディング試験です。この方法が一番費用も安いことから広く普及している調査方法です。この調査では5か所程度の地盤を調査します。調査方法は直径5センチ弱程度の棒を地面に刺していきます。荷重をかけて貫入量を調査することで地盤がどのような地層であるか、どのくらいの強度があるかを調査するものです。5か所の調査は数時間で終了します。費用も5か所の調査で10万円弱で行えるのです。 この地盤調査では建物の四隅と建物の中心の5か所を調査するケースが多いのです。ですから建物の形、配置が決定している必要があるのです。配置があまりにもずれる場合は地盤調査をやり直す必要もあるのです。

地盤調査の方法もスウェーデン式サウンディング試験だけではありません。表面波探査やボーリングなど上に立つ建物の規模や種類によって適切な地盤調査方法が判断され調査が行われます。 しかし残念なことに調査結果に基づき指示通りに地盤改良が行われた土地であっても傾きや沈下などが発生してしまうケースもあるのです。施工不良が原因である場合もあれば改良方法自体の選択ミスというケースもあるのです。実際に訴訟になったケースも数多くあります。 場合によっては地盤調査でもセカンドオピニオンが有効です。調査結果に不満や不安がある場合には別会社などに調査を依頼しなおしたり、解析をし直してもらうのです。最も大切なことは安心してその土地に住むことです。疑問や疑念があるのであればしっかりと払拭し工事を進める必要があるのです。